スポンサーサイト

Posted by うさこさん on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できることは?

Posted by うさこさん on 13.2007 10 comments 0 trackback
今日は真面目うさこ。

日頃うさこの中にある考え。
・・・と言っても、たぶんうさこのブログに来てくれる方々は
考えていらっしゃることだと思うのですが・・・。

もう一度、自分でも思いを強めるために・・・

先日本を買いました。
DSCF1879.jpg
この本は、児玉小枝さんと言う方が、大阪の会社近くの線路わきに
『犬(死)』と貼ったゴミ袋の中から首輪の付いた白い犬の遺体をみつけ、
淀川の河川敷にお墓をつくってあげたことから、
彼女が自分にできることは何か?
探し続け、動物収容施設に通いつめて撮った写真集です。

DSCF1892.jpg
このポメラニアンは10歳を超えた老犬。
飼い主(小奇麗な婦人)は『この子の最期を看取るのが嫌だから』と
足早に去っていったそうです。

犬16万4209、猫27万5628・・・これが全国で1年間に殺処分された命の数。

DSCF1893.jpg
捕獲された子たちは貰い手、または飼い主が見つからなければ長くて3日間
飼い主に連れてこられた子たちは翌日に処分をされてしまいます。

大きくなりすぎたから、歳をとったから面倒がかかるから、
子供ができちゃたから(お腹に子供を宿したまま)・・・到底考えられない理由で
多くの子たちが連れて来られます。

そして二酸化炭素の充満するガス室で、窒息死させられるのです。

DSCF1891.jpg
子猫たちは麻袋に詰められ、いっきにガス室送りにされます。

これを見て、うさこはナチスドイツのアウシュビッツを思いました。

人間は同じ人間同士でも殺し合いをするくらい愚かです。
ちょっとへりくつ言ってしまう。
だったら同じ種類同士だけに留めとけば??

戦争に参戦して殺しをしていないだけで、こうやってこの子たちの命をポイする人たちは
立派に殺人(殺し)をしているのに・・・・。

もちろん、私たちに身近な生き物だけでなく、物欲を満たすために象の牙を奪い取ったり
生きているままキツネの毛を剥ぎ、毛皮をつくります。

DSCF1890.jpg
こんな目でみられて、何も感じないのでしょうか?

まずはもちろん、自分が飼っている生き物たちに責任を持って接し、
最期の時まで責任をとってあげること。
これが、ほんとうなら誰でもできること。

あとは、少しでもこういう現実から目をそらさずに向き合うことだと思います。

何ができるかわからないけど。
できることから・・・。

うさこは完璧ではないですが、動物実験をしていないとうたっている
化粧品会社やお薬を使うようにしています。

動物実験や毛皮について詳しく知ろうと思った方は
『アニマルライツセンター』 http://arcj.info/ をご覧ください。
※かなり詳しく、厳しい表現があります。
 無理な方は、心の準備ができた時に見て現実を知って頂けたらと思います。

偽善者さ~ん!って思われてもいいです。

うさこはこれから少しでも何ができるか考え始めていきたいです。

20071102-00000911-reu-ent-view-000.jpg

長い文章最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

難しい問題ですね、だって革の靴も履くし、お肉も食べる。
菜食主義までになれない・・・。

でも、はるか昔や今でも残る民族の方のように、ムダなく必要なだけ・・・

難しい・・・だけどできることもたくさんあるはずです!

うさこ・空ちん・チャオちん・ムッシューより
にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
スポンサーサイト
Category : 徒然日記

Comment

私は猫を飼っている。毛皮も着るしお肉も食べる。皮のコートも着るし革の靴も履く。過去に動物を保護する施設に寄付をしたことがある。矛盾だらけ・・・。

昔犬を交通事故で亡くした。自分に動物を守るだけのパワーがないのなら、絶対飼うべきではないと思った。
やっと飼った猫。守ろうと誓った。100パーセント死ぬと言われている病気を持った猫。奇跡がおき、もう5歳半。

私も出来ることをしよう・・・
2007.11.13 09:40 | URL | らんねん #ckJKzJbk[edit]
16万と27万…すごい数字なんですね…。こんなにペットブームみたいになっていてもまだそんな数の動物たちが…と正直驚きました…。どういう事情なんだろう…。
私にできることなんてほんとちょっとだけだけど、関わった動物たちだけでも沢山幸せにしてあげたい!そういえば、工場にいるハナちゃんも捨て犬だったんだわ…あんなかわいい子を捨てられる気持ちが理解できない…。
2007.11.13 21:22 | URL | ゆう #UMkf2qKI[edit]
こういうことができる人の気持ちは理解できないけどファッションやインテリア感覚でペットを飼う人が多いのは事実。売る側ももっと命に責任を持つ事がどれだけ大変かを言って聞かせて売らないといけないと思うよ。

自分の子供にアレルギーや病気を気にして動物に接さないようにしてる親たちも多くて、どんどん「動物=不潔」という風に思っている子供たちが増えている気がするよ。清潔なのはもちろん良いことだけど潔癖すぎるんやわ。しかもそこには蔑む気持ちがあるからね・・・。

動物と触れ合ってぬくもりを感じる事がどれだけ心地よくて癒され、信頼関係を築く事の素晴らしさを感じられるか・・・。死別を通して命の終わりやはかなさや哀しみを感じることができないんやなぁとおもうと腹立たしさもあるけど、それよりも可愛そうな気持ちになります。
2007.11.13 21:43 | URL | 小鉄 #jFjG/CSQ[edit]
★らんねんさん
おお!早速遊びにきてくれたのね~!ありがと(~_~)
今日はとっても真面目うさこ日記でした。でも、うさこの中でいつもあるテーマなんだ。もちろん、自分の周りの人々を大切にすることから始まるんだけど、動物実験と毛皮の問題、捕獲される捨て犬や猫の最期の方法をしった時、すんごくショックで。
私たちの高校で覚えたこと!考えることが大事だ!かな?って思って。
まずは怖いけど現実を知って、考えることって大切よね。
らんねんさんはうさこに変わってお歌でメッセージを伝えてね!
にゃんこは奇跡じゃなくて、生きる意味があったんだと思います!
また、何年ぶりになるかわからないけど会いたいね!
頑張ってね!また遊びにきてちょ~!

★ゆうさん
ね?すごい数でしょ?実はペットブームだからこそ、悲劇は増えてるらしいのです。ブームにのって流行ったハスキー犬やかわいいから拾った猫に責任もたずに子供を産ませるだけうませて捨てにくる。
動物実験の世界はもう狂気の世界です。犬の足を砕いてどれだけストレスをかんじるか繰り返す、うさぎや猿にたばこを何十本も吸わせ続ける、ねこの頭に鉄の機会を埋め込み、痛みを与えて反応を見る・・・・などなど。人間と作りが違うので結果は何の意味もないのです。
笑いながらやってる写真もあるの。人間のなかにこそ悪魔がいますね。
ドイツがやった人体実験とは結果がちがうのです。
悲しね・・・。でも私たちはできることあるよね!一人でも優しくなれることが第1歩だ~~~!おおおお!真面目うさこ~~~~!
2007.11.13 22:08 | URL | うさこ #-[edit]
ほんとだね・・・!小鉄さんとはいつもこの会話になっちゃうよね!
アレルギーってうさこもそうだし小鉄さんもそうじゃない?でも、動物のせいだkじゃない!不潔って・・・この世の中に奇麗にしているふりして不潔な人ってけっこういると思うもん!
動物だけじゃなくて、やっぱり子供の頃から体温に触れることから、無意識に感じ取って、学ぶことってたくさんあると思う。もちろん、その体温あるものが冷たくなってしまった時にも。それを経験しないと、何かが欠けてしまう気がする。体温かんじれなくても、お魚がお店にならんでるものじゃなくて大きな海をどんだけ、命をかけていきてるかとかを知ること。
便利になって人間はどんどんパ~になるのう・・・。うさこのぱ~とちょっと違うやつ(笑)小さい頃、蟻んこで無邪気にあそんで殺しちゃって、なんともいえない気持ちになったあの感覚。それさえも経験、いや感じない人が大人になっちゃいけないね。
2007.11.13 22:23 | URL | うさこ #-[edit]
この本、新聞でチラリと見たのですが、読む勇気を持てずにいました…
この厳しい現実…ペットブームの今は、より珍しい品種を!と、かなりムリな交配をして不幸な動物を増やしているとも言いますよね…
ジジと兄弟にゃんずも優しいご家族が手を差し伸べてくれたおかげで今はみんなシアワセに暮らしているけど、ひょっとしたら…
実験にされる動物はかわいそうで、食用の動物はかわいそうじゃないのか、近所でも里親を探している猫たちがたくさんいるのになんで他県のジジだったのか…
考えても考えても、納得のいく答えなんて見つからないのかもしれないけど、でも、考えていかなくてはいけないことですよね
昨日から今日にかけて、1冊の本を読んでいました
読む前から涙はわかりきっていたのでなかなか読めずにいたのですが、やっとの思いで読み終え、コチラを訪問したらまた涙…
自分にできること…考えつづけることも、大切ですよね
2007.11.14 19:46 | URL | ジジハハ #0.5zuuGg[edit]
今日のうさこさんの記事を読んで、許せないという気持ちでいっぱいです。
動物を人間の手で殺していいなんてありえない。
確かに人間は他の動物より頭がよくて強いかもしれない。
でも動物にはそれぞれ存在価値があり、大切な命がある。
これを勝手に奪う権利は人間にはないはずです。
私にできること、いったいなんだろう?
答えは簡単にはみつからないけど、少なくとも私は自分とともにいきる動物の命を最後まで大切にします。
2007.11.14 20:30 | URL | 東京ファーム #UnotM2NI[edit]
★ジジハハさん
動物もの・子供もの・戦争もの・老人もの。。。これらは勇気と体力が必要ですよね!もう一冊買ったのですが、そちらはほんと動物実験の様子がありありと載っていてブログに載せることはできなかた・・・。
生きとし生けるもの、いろんな宿命があるのでしょうね、だからこの本の最後にも、3枚の写真がのってました。1枚は老衰で息をひきとる瞬間までおばあちゃんの腕に抱かれているわんこ。2枚目は明日ガス室に行かされるワンコ。3枚目は引き取り手が決まって里親に連れて行かれるわんこ。人間と同じよね。人間だってどんな人生が待ち受けてるかわからない。でもある程度人間は自分の意思で選べる。でも動物たちは強気支配者に従うしかないことのほうが多い。無宗教ゆさこですが、きっとここでこういうこと考えたりすることが人間の修行の一つかなって思うのです。人間も含めた大切なもの達を愛すること!それが最初にできることですよね!
涙は人間の体から排出されるもので、優一、美しく思われるもの。って言葉をよみました!たしかに・・・鼻水やシッコやツバと比べたらそうだ!
うさこは涙腺異常者?と思われるほど笑っても泣いても怒っても泣きます。泣くのはいいことです。感情の泉が広がります!

★東京ファームさん
ほんとに許せない気持と悲しい気持ちごちゃまぜです。
うさこ妄想・・・本当は人間より動物たちの方が賢くて、強いのに、おバカな人間に勉強させるために賢くて高貴なのをかくしてるのかな~って。
言葉を使う人間がこんなにも戦争や地球をダメにしてるんですもの。おバカたらありゃしない。でもうさこもその人間の一人なのだ・・・と反省。
そうですよね、まずは身近な愛する者をもっと愛しましょう!
2007.11.14 21:46 | URL | うさこ #-[edit]
動物の収容施設や、毛皮のことを聞くたびに、考えさせられます。
心ある人だけが心を痛め、心無き人は永遠に心を改めないのではないか?
残虐な写真を見ても、後者は、真似をしたくなるかもしれないし、注目されたいがために、わざとする人も出てくるかもしれない。
私自身、捨てられた動物を助けることも、収容された動物の里親になることもできないだろうと思うと、自分にできることが何かすら分からなくなるのです。

うさこさんのように考え、ひとりひとり意識を持つことが、いずれ大きな力になるのかもしれません。
2007.11.14 21:52 | URL | nona #-[edit]
ほんとそうなんです・・私たちにとっては目を覆いたくなるような写真や事件も、ある種の人々には刺激的でしかない現実。実際に実験をしている研究者たちが笑みを浮かべているのですから・・・。
わたしもすぐに里親になったりする余力もないですし。でもそれだけができることじゃない。。。と考えたりします。
でも、考えたり感じたりすること。それが一歩と信じてます。
それがどんどん電波のように広がって、ひとりでもおバカな人間が消えていくことがあったらいいな~と思います!・
2007.11.14 22:33 | URL | うさこ #-[edit]

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ningyonohime.blog112.fc2.com/tb.php/89-5ef2a6b0

プロフィールなのら

うさこさん

Author:うさこさん
うさこ家は家長“空ちん”と、
弟その1“チャオちん”
弟その2“ポン太”
故・貴族ヤモリのムッシュー!

みんなの合い言葉は
『なんとかなるさ~』の
徒然劇場でございます~!

BGMをあげるじょ♪

最近のお話やで

何月何日何時なのら?

最近のコメントやで

月別のお話やで

カテゴリー

FC2ブログランキング

ポチっとな~~!

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

お友達のお部屋

探せ!みゅ~じっく

ご利用ください(*^^)v

RSSフィード

Copyright © *** 吾輩はウサギである *** All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。